腹減ってぷらっとパークからふらふらと入ってしまった。
image


しかし美味しそうな店の数々を振り切り下り線を目指す。そこにはあの店があるからだ。